JS3~JC2までの旬な時期をグラビアに捧げたゆずき麗は小さなお姉さん?!

ゆずき麗プロフィール

2000年02月01日生まれ。119cm、B型。スリーサイズはB58cm W54cm H65cm。読みはゆずきうらら。イマイチこれらの数字にどれほどの意味があるかはわかりませんが、人によっては垂涎ものなんでしょうね。いや~脱帽ですわ。2008年6月リリースの作品『どうにもとまらない』にて映像デビュー。ジュニア雑誌「Sho→Boh」から発信したレーベルらしいです。ゆずき麗の当時の年齢は、なんと8歳のJS3です。幼すぎますが、小生が小学3年生の時よりも幼く見えるのは気のせいでしょうか。なんだか小学1年生くらいにみえます。確かにジュニアマニアは見た目が大事ですから、幼いことに文句を言えた義理ではないんですけどね。以来、2014年1月リリースのオムニバス作品『純情女子中学生宣言! Chu→Boh学園2014 春』までの6年あまりに10本ほどに出演しています。ゆずき麗は当時13歳のJC2です。小学3年生から中学2年生ですよ。まさに一番旬な時期をグラビアに捧げてくれた稀有な女の子で、ジュニアアイドル界では神の子として崇め奉られる存在ですよね。ゆずき麗の10歳JS4の時の作品『夢うらら』なんて可愛すぎて、小さいお姉さんのような印象です。低学年だと不潔な鼻たれ小僧もいるじゃないですか?誰とは言いませんが。そんな中、ゆずき麗のキレカワぶりは突出してますね。時を経て中学2年のゆずき麗は良い意味であまり変わってなくて悪い意味でもあまり変わってなかったですね。もちろん微妙な差はありましたが、もう少しオンナが感じられると萌えたのですが…まぁ、それは小生の好みなのでスルーしてもらって結構です。

ゆずき麗DVDキャプチャー画像

うららんらん♪

うららんらん♪ うららんらん♪
ボクの太陽 Vol.27

ボクの太陽 Vol.27 ボクの太陽 Vol.27

★いちごだいふくでゆずき麗のDVD動画見放題
↑↑↑上記をクリックすると管理人が入会しているジュニアアイドル専門サイト「いちごだいふく」移動します。楽しんでくださいね。激安34ドル

ゆずき麗の魅力について全力で語る

2011年8月リリースの作品『うららんらん♪』を鑑賞。当時11歳のJS6です。小学6年生ですがまだまだランドセルの似合ってましたね。白いレオタードにお絵かきするシーンは、熱中すると真剣モードに入るあたり子供だなぁ~と目を細めて観てしまいました。意外にも競泳水着は小さな子って似合うんですよね。以前ジュニアアイドルの黒宮れいちゃんも着ていて、めっちゃそそられる~と思って観てました。胸がない分、ビキニよりもレオタードやスクール水着などのピッタリ張り付く衣装の方が小学生には最適なんですよね。そして2年の時を経た2013年12月リリースの作品『ボクの太陽 Vol.27』を鑑賞。当時13歳のJC2です。プロフィールにも書きましたが、可愛さが増していましたが、素の自分を抑えているような遠慮を感じたのが、ちょっと残念に思った要因ですかね。まだJCなんですからお茶らけても全然いいんですからね。まぁ、それだけジュニアアイドルゆずき麗は心が成長した証かもしれませんね。でもソフトクリーム舐めやフラフープなどで遊ぶシーンでは無邪気な一面も見せてくれて、ホッとさせてくれましたよ。娘を思う父親の心境のように、やはりある時期から急速に大人びていくのは、ある面悲しくもありますからね。知ってか知らずか、ゆずき麗はまだ子供の一面を見せてくれます。おそらく、ゆずき麗の我々を思う優しさなんでしょうね。2018年現在、18歳の高校を卒業する年なのかな…どんな女性に成長しているのか楽しみなところです。ゆずき麗よ、カムバ~ック!