ジュニアアイドル史に静実芽あり!中井ゆかりとの共演が話題に!

静実芽プロフィール

1994年09月23日生まれ。160cm、O型。スリーサイズはB84cm W58cm H86cm。読みはしずかみめ。2009年7月リリースの作品『美少女はJC 純真可憐』にて映像デビュー。当時14歳JC3でした。以来2011年1月までに7本ほどの作品に出演しています。2009年8月には映像デビューから、わずか1か月後という短い期間にもかかわらず、、当時人気を博した中井ゆかりとの共演『美少女たちのティーパーティー Vol.11』がリリースされています。当時17歳JK2であった中井ゆかりの妹分のような存在で、ジュニアファンなら静実芽を記憶していることでしょう。「実芽のひとりごと」という公式ブログともう一つブログがありましたが、2012年の幕開けと共に更新が途絶えてしまいました。2012年と言えば17歳のJK2の冬ですので、進路を決める大事な時期でしょうね。ブログでは別れの言葉はなかったですが、撮影会などに足を運んでくれるファンにはおそらく、何かしらの告知は合ったのかもしれません。趣味はカラオケで、特技はスポーツ全般。静実芽という名前は静岡出身の彼女らしく新茶をイメージしたものでしょうか。後にも先にもこれほどまで可愛らしく神秘性を持った名前はないかもしれません。響きもまたいいですよね。現在23歳となっている静実芽は、いったいどんな女性に変貌しているのか…別れの言葉がない分また大人の女性になって戻ってくるような淡い期待を抱いています。

静実芽DVDキャプチャー画像

究極乙女 One day with Mime

究極乙女 One day with Mime 究極乙女 One day with Mime

★いちごだいふくで静実芽のDVD動画見放題
↑↑↑上記をクリックすると管理人が入会しているジュニアアイドル専門サイト「いちごだいふく」移動します。楽しんでくださいね。激安34ドル

静実芽の魅力について全力で語る

2009年10月リリースの作品『究極乙女 One day with Mime』を鑑賞。当時16歳のJK1でした。Tバックが流行った時代でしたので、静実芽の美尻は本当に美しいものでした。若干危なっかしい女の子の印象でしたが、おそらくこの美尻をキープするために、人知れず努力を怠らないようなタイプだったのかもしれません。肌のきれいな人は、美への意識が高い分、女子力が高いでしょうね。シャワーシーンでの静実芽の身体の洗い方を見れば、滑らかで無駄のない動き惚れ惚れしてしまうこと請け合いです。小生はそこに静実芽の真骨頂があるように思いました。制服やスクール水着などの学生物の衣装を着た時にも性格が表れるものです。純朴さゆえんの自然体な振る舞いがある一方、タイトルの『究極乙女』とあるように、心根は純粋で真面目で可愛らしいんでしょうね。現役JKの半ケツも見どころの一つですね。今となっては当時は大らかな時代だったことが伺えます。まぁ、『究極乙女』シリーズには4作品に出演していますので、徐々に露出面や表現に過激さが求められる所以かもしれませんが…。ヒマワリのような黄色のチューブトップが似合っていて、静実芽の朗らかで明るい性格を表しているかのようでした。当時JK時代からセクシーでグラマーな要素がありましたから、23歳となった現在、どんな表現をしてくれるのか気になるところではあります。静実芽は間違いなくジュニアアイドル界の歴史に名を刻む逸材でした。小生の目の前の通り過ぎてゆく一輪のヒマワリに幸多からんことを。