限界ギリギリ映像で魅せる桜沢るいは異次元からの使者?!

桜沢るい

桜沢るいプロフィール

1999年生まれ。2015年03月リリースの作品『quinze ans』にて映像デビュー。当時15歳のJC3でした。以来2016年05月リリースの作品『Olive11』までの1年あまりに15本ほどの作品に出演しています。わずか1年程での本数としては驚くべき数字です。規制が強化されている中、この発売時期にJCのTバックを披露しているのですから、レギュレーション的に大丈夫なのでしょうか。今のご時世JKですら厳しいですものね。桜沢るいさんに関しては1年弱という活動時期もさることながら、発売当初からあまりプロフィールが公表されていなかったようです。Tバックににしてお尻を強調した作風は往年の某メーカーのヒットシリーズを模しているかのようです。ミディアムボブの似合う端正な顔立ちで、あまり笑顔が見られないのが残念ですが、気立ての良い素直な女の子のようです。後ほど作品の内容にも触れますが、着エロ系の枠に入るのではなかろうかという程の過激な作品が多いですので、正直現役のJCではない可能性もあります。憶測ですので実際にご自身の目で確かめられてみてはいかがでしょうか。ある面実際のJCだと思ってみてみるとドキドキ感は半端ないですよ。桜沢るいの秘密のヴェールはいまだ謎のままです。

桜沢るいDVDキャプチャー画像

quinze ans 15歳
quinze ans 15歳

quinze ans 15歳
quinze ans2 15歳
quinze ans2 15歳

quinze ans2 15歳
quinze ans3 15歳

quinze ans3 15歳
quinze ans4 15歳

quinze ans4 15歳
Olive

Olive
Olive3

Olive3
Olive4

Olive4
Olive5

Olive5
Olive6

Olive6
Olive7

Olive7
Olive8

Olive8
Olive9

Olive9
Olive10

Olive10
Olive11

Olive11

★いちごだいふくで桜沢るいのDVD動画見放題
↑↑↑上記をクリックすると管理人が入会しているジュニアアイドル専門サイト「いちごだいふく」移動します。楽しんでくださいね。激安34ドル

桜沢るいの魅力について全力で語る

2015年03月リリースのデビュー作『quinze ans 15歳』を鑑賞。Tバックや極小水着など着衣の面からも、アメ舐めやローション、四つん這いといった表現の面においても着エロのような過激な作品でした。桜沢るいちゃんのようなカワイイ子がやるのですから驚いちゃいましたよ。でも仮にJCがこんなことをやったらと思うと、考えただけで小生のムスコが熱くなってきます。スクール水着でのシズル感は最高でした。『quinze ans4 15歳』を鑑賞。等身大のJCよりかは過激ですが、少し抑えた映像になっています。赤の競泳水着やビキニを使用していましたが、ジュニアであればもう少し色からくるイメージも大事にした方がよいかな~という印象を受けました。2016年05月リリースの最新作『Olive11』を鑑賞。アニメの世界から抜け出てきたような、そんな非現実感が桜沢るいちゃんにはあるように思います。ミディアムボブでそろえた前髪やアルカイックスマイルが二次元アイドルのキャラクターのようで、良い意味で不思議な空気感を漂わせながら作品の中に存在していました。この桜沢るいちゃんは現代に存在するのか過去に存在するのか、はたまた未来から来たのか…不思議な女の子です。間違いなく感じることは桜沢るいちゃんには絶対に会えないだろうということ。イベント云々ではなく、別次元からの使者のような印象がそう思わせるのかもしれません。